Javascript DHTML 下拉菜单 由dhtml-menu-builder.com提供
giant
ホーム > 会社情報 > 会社情報
会社情報
開発戦略
ワンストップサービス
グループ沿革
認証取得
お問い合わせ

 

 
 

捷安特軽合金科技(昆山)有限公司は台湾巨大グループ(Giant Global Group)が全額出資した子社であり、中国江蘇省昆山市に位置し、敷地面積は285畝、総投資額は5200萬ドル、社員数は1000人以上、年間生産能力は5萬トンに達し、中国において利益創出が著しく且つ信頼性の高い品質を持った工業アルミ押し出し型材の生産、加工基地の一つである。主な製品は超硬質アルミ、シームレスパイプなどのアルミ工業製品およびその半製品がある。

当社はアルミビレット鋳造炉、直接押出炉、間接押出ライン、直間複式押出炉(型番580トン~3600トン)を持ち、それに均質炉、エージング炉、横式T4炉、焼鈍炉などの熱処理装置を配置され、ドイツ産整流器と酸化コントローラ、イタリア産冷蔵機械とコンピュータソフトウエア制御システムを7.5メートルのアルマイトラインに装着した。それ以外、材料からの研究開発、ビレット鋳造、金型設計加工、押出加工、鏡面処理、熱処理、アルマイトなどのプロセス全番を持ち、押出加工を中心としたプロセスチェン構成している。同時に鋳造技術に弛まぬ、業界で最新の電磁波攪拌、粒子細分化、パイプ式フィルタ、鋳造液圧リフト、自動裁断機械などの技術と機械を利用し、中国国内ですでに先進レベルに達しているだけではなく、先進国の同業種のレベルと肩を並んでいる。

当社は品質戦略に従い、市場の脈動をよく捕まえ、技術力をベースにして全面的にビジネスを推進している。会社は既にISO9001、TS16949の品質システムの認証受けており、グリーン理念を応援するために、世界クリーン環境理念に呼応する為、環境マネジメントシステムISO14000認証をも受けている。製品面では、オートバイリムはアメリカDOT認証を受けており、放熱器にはSGS測定を受けている。検査室でのユニバーカル試験機、分光器、プロジェクター、金相顕微鏡、硬度試験器、三次元検査機械など精密機械はハイレベルの品質を強くバックアップしている。

会社は科学技術の革新を保つため、2004年10月、研究開発センタを成立し、2007年9月は、蘇州市クラス研究開発センタに評価され、2009年3月、江蘇省高新技術企業に認定され、税制優遇の対象となった。G609型番合金(強度が高い、溶接可)、G750-1合金押出材(オートバイリム用)などブレーキ安全性をグレードアップした自動車リム、オートバイリムなどの技術開発がその成果である。

 

 
著作権について:ジャイアントライトメタルテクノロジー(昆山)有限公司 技術サポート:鼎联网络科技